読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【メンタリスト DaiGo】私が使っている『物が捨てられるようになる魔法の一言 』

捨てられないものが捨てられるようになる魔法の言葉

メンタリスト、DaiGoさんがブログで紹介していた言葉があります。


物が捨てられるようになる一言とは?|メンタリスト DaiGo Official blog「メンタリズム・ラボ」Powered by Ameba


物が減ることでそれを気にする必要が無くなります。 その分、今まで気にしていた時間を別の事に使える……という訳です。


わたしの場合は別の言葉を使っています。
自由な時間が増えるというのも魅力的ですが、1つの欠点があります。 例えばそれまでずっと使っていないものだったら?

気にしていなかったけど、いざ捨てるとなったら気がひける……こういう人もいます。 私が使っている言葉はそういった人にも効果的。


その言葉とは、「また会いましょう」です!


物をごみ袋に入れるとき、「また会えるよ」と言って捨てるのです。



…改めて書くとエラく恥ずかしい事をやっているような気がしますがw これ結構効果あるんですよ。

物を捨てられない人って、その物に対する執着が強いという面が少なからずあると思います。 私も物に対する執着が強い方です。 だからこそ部屋がとんでもない惨状になってしまうんですが。


物ってのは、一回手放したら同じ物は絶対に手に入らない訳です。
思い出があるものとかはその代表です。 同じ形、同じ種類のものは手に入るけど、その物にこもった思い出は絶対に手に入りません。


そこまでのレベルじゃなくても、大抵は使い続けたものには何らかの思い入れがでてきます。


そんな時に「また会える」という言葉が役に立ちます。
離ればなれになるのは一瞬だけ。 生きていれば必ずまた会える……と。 こう物に語りかけると、手放す事が惜しく感じなくなります。

例えその物が無くなっても、記憶は消えませんからね。


物が捨てられないとお悩みの方は、是非「また会える」という言葉をためしてみてください。

広告を非表示にする