私がランサーズで『好きなことで稼ごう』と決めた理由

ランサーズで順調に小遣いを稼いでいます。


www.lancers.jp

ランサーズは本当に色々な種類の案件があるので、大抵の人は自分の得意分野を活かせる案件が見つかります。

逆に、自分との相性が最悪な案件もあるんですよねぇ……。

この日記では、私が体験した『自分との相性が最悪な案件』を書きます。
前に「自分が楽しいと思える案件しかやらない」と書きましたが、その考えに至るきっかけとなった案件です。

情報商材ステマ記事

かなり前に『情報商材ステマ記事』を書く案件をやったんです。
情報商材とはよくあるネットビジネス関係の。

日常ブログを書いている人が、たまたま情報商材を見つけ、気になってブログに書いた……みたいな設定で書くというものでした。

商材の紹介なら全然問題ないんですが、ステマ記事というのが痛かった。

○これ、書く意味あるのか……?

これが第一印象。 案件の始まりから終わりまでこの一言に尽きます。

っつーのもですね、その記事はなんの情報も無い。

「○○というのを見つけたんですよー。 これは○○で、○○という特徴があるんですって。 試してみようかなー。」
みたいなの。
文字数の上限がある上、ステマ記事だから露骨なアピールは出来ない。

本当に「ちょっと気になった」程度に書かなきゃならなかったんですよ。

商材の宣伝文句の、ほんの一部分(というか一文・一単語レベル)を抜き出しただけだから、そんな記事では商材の詳細が分からない。


結果的にすげぇつまらない記事にしかならない訳です。

日常ブログなら良いんですよ。
そういうブログは大抵何処かのサイトの宣伝の為だから、露骨なアピールも出来る。 それに書いていて楽しい。

でも上記のようなものは何の脈絡も無く、使った感想でもなく、雑談ですらない文章です。

それを数十記事も書かなきゃならない。 おまけに一記事ごとに違う商材。 (中には配布が終了されているのもあったし)
もうね、自分の書いているものが誰かに読まれたり、役に立ったりするとは思えなかった。

そんな訳で、その案件は全く面白くなかったのです。

○自分が楽しいと思う案件をやろう!

上記の案件をやり終えてから、案件の選び方が変わりました。
それまではとにかくやれそうなものを片っ端からやっていたのですが、それからは『自分が楽しんでやれそうな案件』を選ぶようになりました。
そういった選び方をしても、それまでと変わらないくらい稼げるし、ストレスなく楽しい作業ができています。

ランサーズはお小遣い稼ぎです。
楽しんでやるに越した事はありません。
楽しんでお金を稼げるならそれが一番ですからね。

クラウドソーシングなら日本最大級の「ランサーズ」