怪物王女3話『暴走王女』レビュー。戦士の意思を継ぐキャラ、リザ登場!

怪物王女3話『暴走王女』レビューです。
今回は新キャラが登場します。


開始早々、姫は「家来が足りん」と言います。
姫はさすが王族と言うべきか、以前は「炎の騎士団」と呼ばれる家来の集団がいたらしいです。刺客の撃退も簡単だったとか

それがいまや、家来は人間の子供と天然系メイドと、フランケン・シュタ幼女の3人だけ。たしかに心もとないメンバーですな。

フランドルはパワーがありますが、家来が足りないという姫に対して猫の死体を差し出す始末。
せめてもう一人くらいは戦闘要員が欲しいですね。


場面が変わって、ヒロ。
トラックにひかれそうになっている犬を助けます。
そこに、バイクにのる赤髪の女性が登場。

ヒロが犬を助けた事に気付いた女性は、なぜか嬉しそうに微笑みながらトラックを持ち上げます。
なんと腕のみをオオカミに変身させて!


ヒロから屋敷の場所を聞き出した女性は、そのまま屋敷へ。
そして姫に襲いかかりました。

この女性はハーフブリードと呼ばれる種族で、名前はザ・ワイルドマン
1話で出てきた人狼ロボ・ワイルドマンの妹です。

ロボと違い、リザは人狼族と人間のハーフです。
ハーフだから腕のみの変身しか出来ないんですかね。

兄を倒されたリザは、敵を討つために屋敷を訪れたのでした。


序盤でヒロが犬を助けたのを知って笑ったのは、リザが人狼の血をひいていたからです。
犬はオオカミの近縁種ですからね。仲間である犬を、危険も省みず助けたのが嬉しかったのでしょうね

これによりリザはヒロに対して仲間意識みたいなのを持ったみたいで、この後かなり仲良くなります。


f:id:dark-style326:20170708223030j:plain
屋敷での戦闘では、姫が防戦一方。

このシーンでは姫が吹っ飛ばされるのですが、かなり際どいシーンがあります。
具体的には姫のスカートの中が見えそうになるシーンです!


f:id:dark-style326:20170708223045j:plain
まぁ見えないんですけどね。
このスカートはガード性能が高すぎますさぞかし腕の良い仕立屋が作った服なのでしょう。きっと代々続く王族御用達の仕立屋に違いありません。


さてさて、近接戦闘では歯が立たない姫ですが、ここでフランドルが参戦。
屋敷にトラックを突っ込ませ、そのまま外での戦闘になります。

f:id:dark-style326:20170708223042j:plain
バイクで逃げるリザを、トラックで追いかけるフランドルと姫。
フランドルが人造人間なので、『ターミネーター2』を思い出すシーンです。


というかフランドルの背丈じゃ運転しても前見えないと思うのですが………。
そもそも運転の方法までプログラムされているのが驚きです
なおトラックのメーカーはニスズだそうです


追い詰められたリザに対し、姫は「自分の行動が、兄の名誉を汚している」と言います。それを聞いたリザは激昂し、トラックを受け止め、さらに持ち上げます。フランドル並みの腕力です。

f:id:dark-style326:20170708223037j:plain


トラックから振り落とされた姫は、逆にリザから追い込まれてしまいます。
そこにヒロが乱入し、姫を庇ってリザの攻撃を受けました。

ヒロが姫を庇ったことで、攻撃の手が緩んだリザ。
ここで姫は、リザの知らなかった真実を話しました。


1話に出てきた人狼、ロボの最期の言葉は「数々の非礼をお許しください」でした

実はロボは、妹であるリザを助ける為に姫へ戦いを仕掛けたのでした。


リザが人質に取られ、「妹の命を助けたいなら、姫を殺せ」と脅されていたからです

姫はそれに気付きつつも、人狼との一騎討ちを受けたのでした。

人狼は姫を裏切った形になりましたが、姫は人狼を罰することもけなすこともせず、一人の戦士として戦いう事を選んだ訳です。


姫との一騎討ちに破れた人狼は、「戦いの中で殉職した人狼の戦士」として、名誉ある最期を迎える事ができました。


しかしリザは「兄は罠に嵌められ、姫に殺された。その敵を討つ」という目的で姫を襲います。
その行動こそが兄の名誉を汚す行為だと、姫は言ったのです

それを知ったリザは戦意を喪失。姫達が去った後で兄の墓を見つけます。おそらく姫とフランドルが手厚く葬ったのでしょう。

兄の墓を見たリザは、兄との想い出を胸に涙を流します。

そこを勇敢に姫を守ったにも関わらず放っておかれたヒロが現れ、リザの肩に手を回します。
思わず頬を赤らめるリザ………なのですが。


ヒロ「もう歩けない………屋敷まで連れていって」


ロマンチックなシーンをぶち壊すセリフを吐きやがりました。何というフラグブレイカー。
望み通りヒロを屋敷まで殴り飛ばし、リザの敵討ちは終了。


最後は「やはり家来が足りん」という姫に対し、フランドルがネズミの死体を差し出し、姫が激怒して4話が終わりました



「家来が足りない」という姫のもとへ、ちょうど良く戦闘タイプの怪物が現れましたね。
しかも前任の戦士、ロボの妹。新しい家来にピッタリです。

ですが、リザとしてはそう簡単に仲間にはなれないように思えます。
誤解とはいえ、姫に牙を剥いたのですから。姫は気にせず家来として迎えるでしょうが、リザ自身がそれを良しとしないでしょう。

リザが姫に仕える為には、なんらかのきっかけが必要ですね。