怪物王女6話『同盟王女』レビュー。ハーレム系主人公、ヒロ?

怪物王女6話『同盟王女』のレビューです。
ヒロがハーレム系主人公の様相を呈してきました。



今回は謎の女性二人が登場。一人は金髪で小柄、もう一人は「フガ」としか言えない長身のメイド。


この小柄な女性は姫の妹、シャーウッドです。
メイドのほうはフランシスカ。こちらは人造人間で、フランドルの妹(後継作)だそうです。


第1話で、姫は王位を継承する為に殺し合いをする運命だと明かされています。
今回、ついに姫の一族の一人が登場しました。



リザはシャーウッドを見るやいなや、襲いかかります。
リザは兄であるロボを嵌めた犯人(王族の誰か)を捜すために姫へ仕えました。シャーウッドを犯人だと思ったから襲い掛かったのです。

しかしそんなリザを、シャーウッドのメイド、フランシスカが軽く撃退。フランドルも参戦しますが、フランシスカはこの2人と互角に渡り合います。

その戦いの中に姫が登場。
シャーウッドの目的を問いました。


シャーウッドが姫の元を訪れたのは、姫と同盟を結ぶ為だそう。王族同士で殺しあう運命のシャーウッドは、自分が生き延びる確率を少しでも上げるため、姉である姫と協力し合いたいそうです。


しかし姫はこれを拒否。まぁ当たり前ですね。
近くに置くと寝首をかかれる可能性がありますし。


シャーウッドは同盟を拒否されたために屋敷を立ち去りますが、その間際に謎の種を屋敷の庭へ打ち込みました。


シャーウッドが去った後、姫はシャーウッドが言った『同盟』について思いを巡らせていました。



次の日、屋敷は謎の巨大植物に囲まれてしまいます。

肉食の植物、トリフィドです。
SF小説トリフィド時代』に登場した植物です。

巨大である上、ツルを触手のように攻撃してきます。リザと姫が対抗しますが、次々生えてくるのでキリがありません。意思のある食虫植物って怖いですね。『バイオハザード』に出てきた巨大植物を思い出します。



そこでトリフィドにガスタンクを投げつけて、火を付けて屋敷ごと焼きます。
ほぼ毎回壊される屋敷。ヒロの次に不憫な存在ですな。


燃え盛る屋敷を見つめる姫たちの前に、レイリが登場。シャーウッドの居場所を教えたいとのこと。
前回見逃されたので、借りを作っておきたくないらしいです。


シャーウッドの居場所にたどり着いた姫は、トリフィドを使ってシャーウッドを攻撃します。自分がやられた方法と同じやり方で相手を攻撃するとは、姫様も分かっておられますね。


シャーウッドがトリフィドに喰われそうになったとき、ヒロは思わずシャーウッドを助けて、代わりにトリフィドの餌食になってしまいます。

もともとヒロはシャーウッドに敵対している訳ではないうえ、根っからのお人好し。加えて意外と勇敢です。
姫を助けたときと同じく、体が動いてしまったようです。


シャーウッドは身を犠牲にしてまで自分を助けたヒロを見て、なんと一目惚れ
姫もヒロの勇敢さを買って家来にしていましたね。やはり姉妹。家来の好みは一致しています。


ヒロを飲みこんだトリフィドは、今度こそシャーウッドを狙います。
あわやシャーウッド、トリフィドの餌食に!?

その時、ちょうど日が沈み、トリフィドは枯れてしまいました。



姫はトリフィド太陽の下でしか生きられない事をしりつつも、トリフィドを使ったのです。


姫曰く、これは”賭け”とのこと。
トリフィドが勝てばそれでよし、シャーウッドが勝てば同盟を結ぶという賭けです。


ヒロの介入があったとはいえ、結果的にシャーウッドの勝ち。
姫はシャーウッドと同盟を結ぶ事にしました。


この時、姫はシャーウッドを抱き寄せ、「私の可愛い妹」と言っています。おそらく本心ですよね。

前半で姫が考えていたのは、シャーウッドのことだったのでしょうね。
姫は何だかんだ言って優しいですし、後継者同士で殺し合うという掟とはあれど、やはり自分の妹は可愛いと思っているのでしょう。
というか本心であってほしいです。



今回は姫の一族が登場した回でした。
シャーウッドというキャラは姫と対比になっているのが面白い。

長身の姫と小柄なフランドル。
対して小柄なシャーウッドと長身のフランシスカ
また、フランドルとフランシスカも姉妹という設定が良いですね。


シャーウッドが笹鳴町に来た時、姫と同じくらいの荷物をリヤカーいっぱいに乗せてきました。
王族は荷物が多いという特徴でもあるのでしょうか?



シャーウッドはヒロを気に入ったようで、家来にしたがっています。
ここまで散々かわいそうな目にあってきたヒロですが、だんだんハーレム系主人公の様相を呈してきました。ただし全員人外ですが。



この先も他の後継者が出てくるんでしょうね。姫とシャーウッドは「兄達」と言っていますし、少なくともあと二人は出てくるんでしょうね。
やはり金髪・赤眼なのでしょうか。