【おそ松さん】六つ子の見分けがつくと100倍以上は楽しくなる

先日『登場人物の名前をメモしながら映画を見る』方法を書きましたね。
キャラの名前をハッキリさせるためにキャラ名をメモをしたら、より映画を楽しめるという視聴法です。
aobtd.hatenablog.com



それで思い出したんですが、『おそ松さん』というアニメを見た時も同じような事をしました。

おそ松さん

おそ松さん赤塚不二夫作、おそ松くんのリメイク作品です。

6つ子が大人になった姿を描くギャグアニメで、有名になりましたね。深夜版銀魂などとも言われます。

おそ松さん2期OP 「全力バタンキュー


おそ松さん第2クールOP『 全力バタンキュー』full





話題になっているからと気軽に見て、大ハマりしました。


で、1話と2話を見たとき、「これは6人を見分けられるようになった方が絶対楽しめる!」と感じたんです。

普段アニメを見ている時は自然に覚えるのを待つタイプでしたが、『おそ松さん』を見たときだけは何故かそう感じました。

六つ子たちは顔も髪形もほとんど同じですから、パッと見、誰が誰だか全く分かりません。
だからこそ「これは早い内に覚えた方が面白い!」と思ったのかもしれません。

そこで1、2話をひたすら繰り返し見て、6人を完璧に見分けられるようになってから続きを見ました。

f:id:dark-style326:20170903143627j:plain
画像引用:http://kato19.blogspot.jp/2015/10/osomatsu-san.html

慣れるとこのシーンだけで、誰が誰だか分かるようになります。

おそ松さん』六つ子の見分け方

見目形が同じでもそれぞれ個性があります。アニメを見ていて、以下のように自分なりのポイントで見分けました。



おそ松……テンションも言動も平均的 赤いパーカー 個性が薄いのでほとんど消去法
カラ松……6人中一番眉毛が太い キリッとした目付き 革ジャン&サングラス
チョロ松……口が"へ"の形 黄緑のパーカー 求人詩やアルバイト情報誌を読んでいる
一抹……髪がボサボサ 紫のパーカー ジト目 暗い雰囲気
十四松……常に口を開けて笑っている 黄色のパーカー ハイテンション 「マッスルマッスル!ハッスルハッスル!」
トド松……顔つきと声がどことなく幼い ピンクのパーカー 口が"ω"の形 目がキラキラしている



声優さんに詳しい人なら声で判別出来るでしょうが、私は見始めた段階でカラ松()とチョロ松()しか分かりませんでした。繰り返し見てたらついでに声も覚えてしまいました。


覚えた結果、ものすごく楽しめました。
6人の中でも一緒にいるシーンが多い組み合わせがあり、六つ子たちの関係性も手に取るように理解しながら見ることができました。


やはりキャラ名を覚えた方が楽しい

おそ松さんは別として、映画の前半を何度も見るほどの時間がありません。
可能なら一日の内12時間くらいは映画を見て過ごしたいのですが、当分それは実行できそうにないです。


今思えば、登場人物の名前を覚えるようになったのはおそ松さんを見てからです。
キャラ名があやふやなまま何となく見るより、ハッキリ分かっていた方が楽しめます。

『スーサイド・スクワッド』ネタバレレビュー。バラバラの悪人達が仲間となっていく展開が熱い

映画『スーサイド・スクワッド』を見ました。
ハーレイクインとジョーカーが目当てでしたが、予想以上に楽しい作品でした。

f:id:dark-style326:20170824191600j:plain
スーサイド・スクワッド : 作品情報 - 映画.com

ヴィラン集団が巨悪に立ち向かう異色作


映画『スーサイド・スクワッド』予告1【HD】2016年9月10日公開


ヴィランを集めて凶悪犯罪解決に協力させる」という極秘プロジェクトにより結成されたチーム、タスクフォースX。
犯罪者だから死んでも構わないという、まさにスーサイド・スクワッド(自殺部隊)。


このチームは全員悪人です。
その上、無理やりチームを組まされ任務を押し付けられてしまいます。
だからいつ逃げ出すかわかりません。
「コイツらそのうち逃げ出すんじゃないか!?」というスリルが良いです。


また、凶悪犯を集めただけの即興チームなので、結束もまったくない。
そのバラバラな悪人集団が任務を通じて、最後は本当の仲間になる展開が素晴らしい。


ラストシーンではまたバラバラになるのが少し悲しいです。
あくまで悪人ですからね。特にハーレイクインが改心したらジョーカーが泣くかもしれません。


現代のギャングスタジョーカー

f:id:dark-style326:20170824184755j:plain
映画『スーサイド・スクワッド』予告1【HD】2016年9月10日公開 - YouTube

主要キャラとなるのはハーレイクインで、ジョーカーはチョイ役です。
ただしキャラ作りはかなり凝られています。ナイフがズラリとならんだ部屋で横になり、不気味に笑う姿が良い。


全身タトゥーだらけで、黄金のネックレスと指輪をジャラジャラつけているなど。
そもそも本作のジョーカーは”現代的なギャングスタ”をイメージして作られたそうです。

旧来のジョーカーとはまったく違う印象です。
一時期ネットでも話題になりましたね。「違い過ぎる!」と。

f:id:dark-style326:20170824184531j:plain
映画『スーサイド・スクワッド』予告1【HD】2016年9月10日公開 - YouTube

ですが個人的にはありです。
手のひらに”歯をむき出して笑う口”のイレズミがあり、それで口を隠して笑うシーンとか。

獣のように「グルル……」とノドを鳴らすのも、ジョーカーのイメージではないものの、キャラ付けとしては良い。
ヒース・レジャージョーカーは唇を舐めるクセがありましたが、あれと同じです。



ジョーカーはチョイ役。その理由とは?

タスクフォースXは悪人だけの集団です。
作中でジョーカーは脱獄済みで、チームには入っていません。

この判断は正解ですね。
なぜならジョーカーを入れたら間違いなくチームとして成り立たないからです!


ジョーカーは完全な狂人であり、仲間はいるが、ビジネスパートナーのような協力関係です。
仲間といえるのはハーレイクインだけです。
ハーレイクインを心から愛しているようで、ハーレイの脱走に全面協力しています。



ジョーカーがチームに入らなかったのは正解です。
あんな危険人物がチームにいたら絶対に破綻する!

だからスーサイド・スクワッドにおいて、ジョーカーはあの立ち位置がちょうど良いと思いました。




以下、キャラ毎の感想。

デッドショット

f:id:dark-style326:20170824195506j:plain
映画『スーサイド・スクワッド』予告2【HD】2016年9月10日公開 - YouTube

一番主人公らしさがあり、一番ヒーローっぽさのある人。
射撃の名手。百発百中のスナイパー。

『女と子供は殺さない主義』らしい。職業暗殺者という感じ。


ハーレイクインとの関係性が見所です。
脱走したハーレイを狙撃しなければならなくなった時は、わざとはずしたり、その後ハーレイが戻ってきた時、ジョーカーが死んで落ち込んでいる事に誰よりも早く気づき、誰よりも歓迎していました。

ハーレイに娘の姿を重ねていた?

デッドショットには娘がいます。
もちろんハーレイクインよりも幼く、まだ小学生くらいの子供です。


デッドショットの娘、ゾーイは年の割りに落ち着いており、父親の仕事が殺し屋だという事も受け入れています。
大人っぽいんですね。

一方ハーレイクインは年の割りに子供っぽい言動をするサイコパスです。
デッドショットはそんなハーレイに、”まだ幼かった頃のゾーイ”を重ねていたのかも。

ハーレイに恋をしているような描写は無かったので、そう考えるのが自然です


ハーレイクイン

f:id:dark-style326:20170824195646j:plain
映画『スーサイド・スクワッド』予告2【HD】2016年9月10日公開 - YouTube

ハーレイクインはジョーカーほど狂っていません。
ジョーカーの拷問によって子供っぽい言動の目立つサイコパスになったものの、人間的な一面も残っています。


ジョーカーの乗ったヘリが墜落した後、それまでのナチュラルハイなテンションが嘘のように落ち込んでいます。
なのに他のメンバーが近づいてきたら明るく振舞います。落ち込んでいる様子を見られたくなかったのでしょう。このシーンでハーレイクインが好きになりました。


命令を放棄してバーに行くシーンでは、ハーレイがバーカウンターにいます。
そしてヘッドショットにウイスキーを注いで差し出します。
もしかしたら他のメンバーにも酒を出してあげたのかもしれません。
(ハーレイクインだけ凝ったカクテルを飲んでいます。)

この2人はチームの中でも特に仲間っぽくなっています。


キャプテン・ブーメラン

f:id:dark-style326:20170824195751j:plain
映画『スーサイド・スクワッド』予告2【HD】2016年9月10日公開 - YouTube

チームの中で一番のクソ野郎。
宝石強盗でつかまったのですが、「ばあちゃんとマージャンしていた。俺はやってねぇ!」とシラを切ります。
首に埋め込まれた爆弾が解除された瞬間、誰よりも早く逃げ出すなど、ブーメラン技術は凄いのに小物感ハンパ無いです。

また、スリップノットが死ぬ原因を作った張本人です。


限られた時間でしっかりとクズさ加減が描写されていました。
(しかし最終決戦にはちゃんと戻ってきたし、ブーメランに取り付けたカメラで敵地を偵察するなど、見せ場もそれなりにあります)


エル・ディアブロ

f:id:dark-style326:20170824195915j:plain
映画『スーサイド・スクワッド』予告2【HD】2016年9月10日公開 - YouTube

かつてデッドショットと同じく妻子がいたが、自分の能力で焼き殺してしまい、自首した悪人。
妻と子供を殺した罪悪感で、刑務所内では独りで死ぬことだけを望んでいた。

覇気がなく弱々しいが、実は肉弾戦最強。
周囲一帯を炎で焼き尽くすことも出来る強キャラです。


凶悪犯だけど根は善人という定番キャラ。
デッドショットが『女と子供は殺さない主義』を持っている事に気づいたり、バーに行くシーンではイマイチ皆と打ち解けていなかったキラー・クロックに声をかけるなど、地味に良いシーンがあります。


エンチャントレスの幻術から真っ先に目覚めたのもコイツです。
”自分の手で殺した妻子と共に暮らす”という、現実ではありえない幻覚を見せたエンチャントレスの失態でしょうか。むしろ罪悪感と後悔がエンチャントレスの幻覚を打ち破ったと考えています。


スリップノット

f:id:dark-style326:20170824200041j:plain
映画『スーサイド・スクワッド』予告2【HD】2016年9月10日公開 - YouTube

作中唯一、殺される悪人。
キャプテン・ブーメランに「首に埋め込まれた爆弾はどうせハッタリだ」と言われ、ブーメランとともに逃走しようとします。
しかし当のブーメランは早々に捕獲され、スリップノットだけが爆弾を爆発されました。

逃走防止爆弾のフラグ回収と、『登場人物の何名かは死ぬことが決められている』を体現する為の可哀想な役回りです。
寡黙な感じでなかなか格好よかっただけに残念。


キラー・クロック

f:id:dark-style326:20170824200236j:plain
映画『スーサイド・スクワッド』予告2【HD】2016年9月10日公開 - YouTube

退行進化したトカゲ人間。
チーム唯一の人外な外見を持っています。リザードとは誕生の経緯が違います。


特定の誰かと絆を深める描写は無く、チャドにバーへ誘われたくらい。仲間外れにならないように気を使うディアブロが優しい。ディアブロは全身タトゥーで見た目のインパクトはクロックの次に高いし、なんとなく親近感が湧いたのかも。


カタナ

f:id:dark-style326:20170824194725j:plain
映画『スーサイド・スクワッド』予告1【HD】2016年9月10日公開 - YouTube

東洋人で剣術使い。
悪人ではなく、タスクフォースXを率いる軍人の護衛役として任務に参加した。

魂を吸い取る妖刀を使う。カタナとはコードネーム。


任務が実は尻拭いだったとしり、チームと共にバーに行く
凶悪犯と善人がバーで一緒にたむろする構図が良い。
ハッキリとした仲間意識はないが、敵同士でもない微妙な距離感がそそる。



エンチャントレス

f:id:dark-style326:20170824200348j:plain
映画『スーサイド・スクワッド』予告2【HD】2016年9月10日公開 - YouTube

6000年生きた不老の魔女。
封印されていたが、考古学者の人間が封印を解き、乗り移った。
登場早々、『一瞬の内に瞬間移動し、重要機密の極秘ファイルを取ってくる』というトンでも技を披露した、作中随一のチート能力者。
弱点は心臓で、登場時点で奪われており好き勝手出来ない状況にある。


「暴走したら危険? 弱点の心臓はコッチが持ってんだからダイジョーブダイジョーブw」というフラグを見事に回収してくれた

そもそもチームの中でエンチャントレスだけチート過ぎます。
予想通り、エンチャントレスが本作のボスになりました。



まとめ

ハーレイクインが可愛かったというミーハーな理由で見た作品ですが、一番のお気に入りはデッドショットです。
この2人が最も目立っていましたが、個々のキャラ付けもちゃんと作られています。

キャプテン・ブーメラン「女はちょっと、イカれている位が色っぽい」というセリフがありますが、100%同意します。確かにその通り。

f:id:dark-style326:20170824200528j:plain
映画『スーサイド・スクワッド』予告2【HD】2016年9月10日公開 - YouTube

私は常々、『女性を美しくするのは恋ではなく武器』と確信しています。
バットで敵をメッタ打ちにし、装飾された銃で敵を撃ちぬくハーレイクインが最高に美しかった。

なお上記のセリフにハーレイクインが反応するのが面白い。
イカれているって自覚はあるんですね(笑)



エンチャントレスに立ち向かう時の、全員が肩を並べて歩くシーンが完全にヒーローでした。
下手すりゃファンタスティックフォーより格好いい。


アメコミ版『ワイルドセブン』といった作品です。
『毒をもって毒を制す』というコンセプトが好きな人にオススメ。
てんでバラバラの極悪人達が少しずつ仲間らしくなっていく過程が最高です。


【映画】人物の名前や固有名詞を覚えられない時の解決法【ゲーム】

f:id:dark-style326:20170820130927j:plain


映画が大好きなのですが、少し前から悩みが生まれました。

登場人物の名前が覚えられない!


もともと記憶力には自信がないのですが、昔に比べて登場人物の名前をなかなか覚えられなくなりました。
ヒドイ時はラストシーン手前まで覚えられないなんてことも。それでも楽しめる作品がほとんどなのが幸いですが。


やはりストーリーを楽しむ以上、登場人物の名前は覚えないと面白さも半減するのではないかと。

そこで最近、映画を見るときに『メモを取りながら見る』ようにしています。
単に名前を覚えるためでしたが、実行したら映画を100倍楽しめるようになりました。


キャラの名前と固有名詞をメモ!

メモるのは人名や固有名詞を重点的に
会話で名前が出たらメモ。武器や組織の名前など、固有名詞が出てきたらそれもメモ。

人名の他、「ブロンド」や「短髪」など、その人物の特徴も簡単にメモします。名前と外見を一致させる為です。


f:id:dark-style326:20170820191957j:plain
『サイレント・ヒル リベレーション』を見たときのメモ。

f:id:dark-style326:20170820124734j:plain
見づらいので修正したのがコチラ。
登場人物の名前と固有名詞しかメモしていません。



メモするとストーリーがもっと楽しくなる!

最初は名前を覚えるためでしたが、実際にやってみるとストーリーをより深く楽しめるようになりました。

名前をメモしておくと、「あれ、コイツの名前なんだっけ?」という事が起こりません。いつでも確認できますから。

思い出す手間が省けるから、その分集中力が映画やゲームに向きます。
余計な思考をする手間がなくなるので、より楽しめるようになります。



f:id:dark-style326:20170820124731j:plain
龍が如く 維新』のメモです。
ゲームでもキャラ名が分からなくなるのでメモしています。

f:id:dark-style326:20170820124738j:plain
こちらが修正版。


コツは簡潔にメモる事

長々とメモすると逆に楽しめません。集中力がメモる事に向くからです。
上に貼った画像のように名前と固有名詞だけメモするのが最適です。


あまりに詳細な事までメモすると、ストーリーを楽しむ余裕がなくなります。楽しむための手段としてメモをするのに、メモが目的になってはいけない。

手段と目的を決めたのに、いつの間にか手段が目的化する事はよくありますね。漢字を覚えるために書き取りをしていたら、いつのまにか書き取りでノートを埋めることが目的になっていたなど。


映画の人名メモも同じです。
思い出す手間を省く為にメモするのに、メモする事に手間をかけたら本末転倒。

出来るだけ簡潔にメモしないとストーリーを楽しめなくなります。



「映画を見ても名前が覚えられない」という人は多いようです。ヤフー知恵袋でも似たような質問が見られました。
キャラ名が覚えられない人はメモを取りながら映画を見るのがオススメです。



怪物王女13話『生贄王女』レビュー。SIRENライクな和製ホラー回。

怪物王女13話『生贄王女』レビューです。

今回はちょいと特殊な回です。
だいたい怪物王女は強い怪物が出てきて、それを正面から撃退するというのが基本です。
前回のファラオ回みたいに。

今回は姫とヒロが外界から隔離される、独特な雰囲気の回です。



いつもとは違う夜

姫はヒロとフランドルとともに外出中でした。

今夜は満月ですが、その月は怪しげに赤く光り、月蝕が始まっていました。
姫達が出かけているとさわわから聞いたリザはリザは「こんな夜に!?」と驚き、令理は「外出は控えた方が良さそうですね」と呟きます。


その頃、姫とヒロは車が故障して立ち往生。フランドルが修理するも一向に直る気配がありません。
遠くに村を見つけたヒロは、そこにいけば直せる人がいるかもしれないと言い、3人で村を目指します。

邪魔なガードレールはフランドルが引きちぎり、開いたスペースを姫が通り抜けました。
姫に何かを跨ぐという発想はないようです。

村へ行く途中、姫が足を負傷

途中の山道で足を滑らせてスッ転ぶヒロ。
それを見た姫は「戦士としては落第だな」と手厳しい一言。
確かに、姫に滑らないよう気を付けてと言った側から転んだんですからね。

前回の格好良い姿はしばらく見れないのかも………。



何故かフランドルが姫とヒロを置いて先に行ってしまいました。
ヒロはともかくフランドルが姫を置いていくなんてあり得ません。何かがおかしい。


その時、姫の背後に巨大な何かが。
手にはサイズと呼ばれるタイプの大鎌を持っており、姫を攻撃しようとします。


姫は避けたのですが、ヒロと共に斜面を転がり落ちました。ヒロは姫を押し倒したかのような体勢に!
まさかのラッキースケベ!?


………と思いきや、それどころじゃありませんでした。
あろうことか、姫が足をくじいてしまったのです。なんたる事!
姫が怪我を追ってしまうとは。通常なら直ぐさま医師を呼ぶところですが、不幸にもここは山中で連絡手段もありません。


ヒロは姫をおぶり、村を目指します。

姫の太ももに手をかけ、背中には姫の胸が………。ヒロ、そこ代われ。ただちに代われ。 いや代わってくださいお願いします。

異様な雰囲気の村

村に到着するも、人の気配はありません。
村の掲示板を見ると、新聞の切りぬきと写真が貼られていました。村の名前は赤錆村という模様。新聞には村長の妻が行方不明になったと報じられています。


その時、姫とヒロの背後で声が。

まだ見つからないのか?村長の奥様………

ヒロが振り返っても誰もいません。
人の気配が無い古い村落。
今回はまさかのジャパニーズホラー回です。

妖しい村で姫とヒロは二人っきり

姫は誰もいない民家に入り込み、脚の手当てをします。

ストッキングを片足脱ぎし、手当てをする姫。
姫の生足が初披露というのも一大事ですが、脱いだストッキングがヒロの首にかけられました!

姫のおみ足を包んでいたものをヒロが首に!
ヒロそれ寄越せ、今すぐ寄越せ! いや渡してくださいお願いします。


今回のヒロは最初から最後まで姫と二人っきりです。
それだけでも羨ましい限りだというのに姫に覆い被さり、胸が背中に当たり、脱ぎたてのストッキングまで首にかけられるとは。
羨ましすぎて血涙ものですよ、本当に。
………まぁ、すぐそんな事も言っていられなく訳ですが。


手当てを終え、村から出ようとする姫とヒロ。
しかし何故かさっきの掲示板のところへ。
何故か新しい新聞と写真が貼られており、村長の妻が殺害されたと報じられていました。

それを見た姫とヒロの背後で、またも話し声が。

「今度は村の重役が亡くなった」、「奥さまの首には鎌でザックリ」など。


嫌な予感がし、急いで村を出ようとする二人。
ところがまたも掲示板の前に来てしまいます。そして掲示板には3枚目の写真が張り出されていました。


「重役さんの遺体はお屋敷の裏で見つかった」
「どうなっているんだ、一体………」

昭和40年で時が止まった村

誰もいない村で、家の中はテレビが付きっぱなし。今さっき用意されたばかりであろう食事までがありました。
時おり話し声が聞こえるのに、姿は見えない住人たち………。


姫は出ようとしても出られない異様な村を調べることに。

村にある新聞の日付を見ると、昭和40年
怪物王女』の舞台はもちろん現代。少なくとも平成には確実に入っています。40年前の新聞が真新しい状態で存在した事に、ヒロは驚愕しました。

姫は一連の出来事を見て、「人はおろか村の存在すら怪しい」といいます。

ダムのそこに沈んだ赤錆村

姫とヒロは、かつてこの村で連続殺人事件が起きていた事を知ります。
出ようとしても出られない村に閉じ込められた二人。

逃げることも助けを呼ぶことも出来ない空間に閉じ込められてしまいました。姫は避けた足を負傷し、満足に動けない状態です。

姫はヒロに今の状況を再確認させ、「私を守れるのはお前しかいない」と言います。

前回に引き続き、今回もヒロは「戦士」として姫を守る為に戦う事を決意します。
前半の坂を転がり落ちたヘタレな姿はどこへやら。

いやぁ、ヒロが本格的に戦士になってきましたね。



姫は自分達が見ているものは村の記憶で、二人はそれを追体験していると予測します。

この赤錆村は、かつてダム建設計画により潰される事となった場所です。
しかし村人の中にはダム計画に反対するものがおり、その中心人物が賛成派を大鎌で次々と殺害していました。

村人達は反対派のリーダーを殺人犯と断定し、全員での私刑をする事に。
それを知った反対派リーダーは逆上し、村人全員を皆殺しにしました。

反対派リーダーは村人を殺した後、村に放水を開始して赤錆村とともにダムの底に沈んだのでした。
これが赤錆村に起こった出来事です。


反対派リーダーは亡霊となり、村に迷いこんだ姫をヒロも道連れにしようとします。
過去と同じく、村に放水をしました。

姫とヒロは村の高台に上り、そこで反対派リーダーの亡霊と対峙。

リーダーは姫を狙い、またも大鎌を降り下ろします。
ヒロが全力で大鎌を受け止め、リーダーの背後から姫が攻撃。下半身が水に漬かった状態なので、足に体重をかけずに済んだのです。



リーダーを倒した姫とヒロは水に流され、村から脱出する事に成功したのでした。




今回はいろいろと特殊でしたね。
ます敵が怪物ではなく、連続殺人鬼の亡霊というのが1つ。
どうやら原作では連続婦女暴行殺人事件で、姫が次のターゲットにされる………というストーリーだったようです。

アニメでは今回のように改編されています。
そりゃ、いくらなんでも婦女暴行はアニメでやるには適しませんからね。何より姫を暴行のターゲットにするなど許されざる愚行!


二つ目は舞台が隔離された廃村という点。
ゲーム作品『SIREN』を彷彿とさせる世界観。雰囲気もジワジワと恐怖を覚えさせる和製ホラーの様相を呈しています。
脱出出来ない空間で徐々に判明する真相と、突然表れる和風フレデリック・ソーヤーとも言える容姿の敵など。
ここだけ見ると「どうあがいても、絶望」というサブタイトルがあってもおかしくないクオリティでした。


そして三つ目が、姫とヒロが完全に二人っきりという点。
しかも姫は足をくじき、戦闘力は激減。実質ヒロしか戦力がいない状況です。今まではリザやフランドルがいたし、シャーウッドとフランシスカも助けにきてくれました。
しかし今回は本当にヒロしかいません。
いや、ヒロは勇気がありますし、姫の為なら命がけになりますよ。
しかし戦闘能力自体はほとんどないうえ、二人っきりということは絶対に死ねない訳です。いくら生き返るといっても、姫の炎による蘇生が間に合わないかもしれません。

この切迫した状況をどう切り抜けるのか、最後までハラハラしながら見させてもらいました。


基本的に西洋チックな『怪物王女』において、まさかのジャパニーズホラー回。
非常に新鮮で楽しかったです。

それと何回見返してもヒロが羨ましすぎて発狂してしまいそうです。

怪物王女12話『消耗王女』レビュー。その戦士、ヒロ。

怪物王女12話『消耗王女』レビューです。
今回はヒロが戦士となった回です。



姫が風邪をひく

今回は序盤から姫が風邪をひいてしまいます。

外出中に雨が降り、雨の中を歩いて帰ったからです。

本来ならヒロが迎えに行くはずでしたが、途中でシャーウッドに捕まり、ゲームセンターで一緒に遊ぶことに。

その為、姫は雨の中で濡れて帰りました。
一応ヒロも解放されて急いで駅まで行ったのですが、間に合わなかった訳です。

これは血の雨が降る………と思いきや、姫が風邪をひいていたのでヒロにお仕置きは無し。もしかしたら後日に何らかのお咎めがあったかもしれませんが、今回はそれどころじゃ無い事態が発生します。



ちなみにヒロの姉であるさわわも風邪をひきました。ヒロはそれを見て「珍しい」と言います。おいヒロ、それは一体どういう意味だ。
(さわわについてはあまり書いていないですが、毎回結構登場しています。さわわについて知りたいなら皆さんも『怪物王女』を見てください)

怪物世界の風邪薬

シャーウッドは姫が風邪をひいたことに責任を感じ、ヒロに風邪薬を渡します。

シャーウッド曰く、「お姉さま(姫)もよく飲んでいた」との事。さわわの分も渡しましたが、怪物の世界の薬を人間が飲んでも大丈夫なのか疑問です。


そしてこの風邪薬には眠くなるという副作用があるそうです。
イヤな予感しかしないのは気のせいでは無いはずです。

今回の敵、ミイラ軍団登場

そうこうしている間に今回の敵が登場。
ミイラ軍団+死者の国から蘇ったファラオです。

f:id:dark-style326:20170817124825j:plain

姫が風をひいた夜、すでに屋敷は包囲され、無数のミイラが地中から這い出てきます。
こういうのはゾンビの役回りな気がするのですが、どうなんでしょう?

ミイラは脳みそが入っていませんからね。ミイラを作る時は鼻から脳を掻き出すらしく、つまりコイツらミイラ軍団は全員脳がありません。

ゾンビも脳が侵されているんだから、そういう意味では同じようなものかもしれません。

姫の離脱。薬の副作用により危機的状況に!


屋敷を取り囲むミイラ男に火炎ビンで応戦。乾燥しているからよく燃えそうですが、やはり多勢に無勢。ミイラ軍団は難なく屋敷へ侵入してきます。


f:id:dark-style326:20170817124949j:plain
屋敷内での戦闘が始まった頃、最悪のタイミングで薬の副作用が出てしまいます。
戦闘中にも関わらず眠りに落ちてしまう姫。やはり怪物が使う薬は副作用も強いのか、この非常事態なのに眠気に勝てず眠ってしまいました。
だからそんな薬を人間が飲んで大丈夫なのか?



今夜は三日月の為、リザも本調子ではありません。
レイリもいるのですが、戦闘には参加せず。ミイラ軍団が襲撃してくる事は伝えましたが、それ以上の手助けはせず、空中で文字通り高見の見物です。

その戦士、ヒロ

f:id:dark-style326:20170817125040j:plain

f:id:dark-style326:20170817125103j:plain
姫は眠る直前、ヒロに炎を与えます。
そして「私の命、朝までお前に預けたぞ」と言い残し、眠りに落ちました。

姫がハッキリとヒロを頼るのは、これが初めてかもしれません。さすがの姫でも睡眠中には戦えませんからね。


f:id:dark-style326:20170817125143j:plain
「………分かったよ、姫。姫は、僕が守る!」

ヒロは姫に近づいてきたミイラを倒し、姫を絶対守りきると決意しました。
ヒロ超カッケェー!
いつもの気弱でヘタレなヒロはどこへやら。完全に戦士の顔つきです。



ヒロはヒロで、おそらく姫に風邪をひかせてしまって事を悔やんでいたはず。
多分とんでもないお仕置きが待っていると覚悟していたと思います。

そんな時に騒動が起き、姫は身動きの取れない状態に陥ってしまったのです。


このシーン、最初は「私に風邪をひかせた失態を挽回してみせろ」という意味も含んでいたのかと思いましたが、おそらく姫にそんな気はなかったでしょう。

姫はヒロが勇敢な人間だと知っている訳ですし。
自分の命を安心して預けられるのはヒロをおいて他に居ないと考えたのだとおもいます。

姫とファラオの一騎打ち

さて、リザとフランドル、令理から呼ばれたシャーウッドとフランシスカ、そして勇敢な戦士ヒロは、数で押してくるミイラ軍団に手こずりながらも、何とか全て撃退します。

f:id:dark-style326:20170817125339j:plain
最後の敵であるファラオとの戦闘。

このタイミングでフランドルの充電が切れてしまいました。
フランシスカよりも体が小さいのに、燃費が悪い!
やはりフランシスカよりも旧式なのでエネルギー効率が悪いのかもしれません。

f:id:dark-style326:20170817125358j:plain
ファラオとの戦闘は朝まで続きました。リザとヒロはミイラ軍団との戦いで消耗していたとはいえ、ファラオに全く疲れが見えません。

フランシスカの充電も切れ、リザもやられ、ヒロも限界をとっくに越えてしまい、ついに全員がやられてしまいます。
ファラオがトドメ。刺す為、ゆっくりとヒロに近づきます。

もうダメだと思ったその時!


f:id:dark-style326:20170817125430j:plain
「そこまでだ、ファラオ!」
姫が復活!

透明人間との戦いで使用したチェーンソーを携え、ファラオに挑みます。


f:id:dark-style326:20170817125540j:plain
ヒロ達を相手に全くひるまず応戦するという、まさに王者の風格を持つファラオと、怪物の王たる姫との一騎打ちです。

結果は当然、姫の勝利。チェーンソー二刀流でファラオを仕留めました。

f:id:dark-style326:20170817125835j:plain
姫は勇敢に戦ったヒロに勲章を手渡しました。
以前姫が話していた”炎の騎士団”としての勲章なのかもしれません。


ヒロが初めて(?)不憫じゃなかった回でした。

今までヒロはヒロなりに頑張っていたけど、イマイチ活躍はしなかったですよね。こと戦闘においては吹っ飛ばされたシーンしか無い気がするくらい、敵にやられる事が多かったです。


しかし今回、初めて戦闘で最後まで活躍しました!
姫から直々に「命を預ける」と言われ、ヒロは姫を守りきるという使命感が芽生えたのです。

姫は姫で、ヒロにここまでハッキリ「自分の身を守ってくれ」といったのも初めてではないでしょうか?


今回は今まで姫に振り回されっぱなしだったヒロが、初めて戦士になった話でした。
それと最後に姫がヒロに渡した勲章は、後々何かの伏線となるのかもしれません。


f:id:dark-style326:20170817130039j:plain
今回のおまけ。
肩を並べて充電されている人造人間シスターズ。

怪物王女11話『猫舌王女』レビュー。人間と共存できなかった怪物

怪物王女11話『猫舌王女』レビューです。
今回、ヒロに妹が出来ます!
………まぁ怪物なんですけどね~。



猫族の怪物、ヒロ子

f:id:dark-style326:20170811134443j:plain
屋敷に向かう途中、ヒロは子猫を拾いました。
怪我をしていて元気がなかったので、屋敷で保護します。

さわわと共に手当てをし、夜が明けると、何と子猫は人間の姿に!


f:id:dark-style326:20170811134034j:plain
この子猫は「猫族」と呼ばれる種族でした。リザ同じ人獣系の怪物だったのです。


オオカミであるリザは猫族を気に入らないようですが、姫は滞在を許可。行く当てが決まるまで姫の所で過ごすことになりました。



「可愛い妹が欲しかった」というさわわによって、ヒロ子と名付けられました

f:id:dark-style326:20170811134220j:plain

朝食にさわわが出したのは、なんカツオブシをそのまま!
しかもヒロにまでおなじものを。

カツオブシってかなり固いはずなんだけどなぁ。
いくら猫とは言え、噛み砕くなんて出来るのでしょうか?

f:id:dark-style326:20170811134410j:plain
なお、さわわはヒロとリザにまでカツオブシを出していました(笑)



ヒロはヒロ子に「お兄ちゃん」と呼ばれ、デレデレになります。
姫風に言うと、ものすごく腑抜けた顔です。

ヒロはヒロで妹の存在に憧れていたのでしょう。



ヒロ子はさわわの手伝いをし、姫に紅茶を容れたりします。
姫は紅茶がさわわのものではないことに気づきますが、気に入った様子。その姫を見たヒロ子は喜びます。


屋敷内にトラップが仕掛けられ始める

f:id:dark-style326:20170811134504j:plain
しかしヒロ子が来てから、屋敷ではおかしな事が。
鎧が倒れてくる罠や、階段にロープを張って転落させる罠がいつの間にか仕掛けられていました。

ヒロ子が来た瞬間に不可解な事が起き始める………なにやら今回はヒロにとって悲しい出来事になりそうです。



ヒロは学校帰りに、街中でペットショップを見つけ、何かを買います。ペットショップから出たところでシャーウッドに会い、荷物持ちを手伝わされることになりました。



f:id:dark-style326:20170811135231j:plain
しかしヒロ達がシャーウッドの屋敷に着いたとき、カエル形の怪物が表れました。

首にはヒロ子が付けているものとそっくりの鈴が。
怪物を撃退した後、ヒロ子を思い出したヒロは、急いで姫の屋敷へ向かいました。

その頃、屋敷では謎の罠を「刺客が紛れ込んだ証拠」として、リザと共に屋敷内を捜索していました。
しかしそれらしい者は見つかりませんでした。


ヒロ子の正体と鈴の謎


その夜、ヒロ子が豹変。
やはり刺客はヒロ子で、屋敷内に罠を仕掛けたのもヒロ子でした。


f:id:dark-style326:20170811135512j:plain
姫とリザ、フランドルはヒロ子を倒そうとします。ヒロ子自信に戦闘能力はなく、すぐに追い詰められました。


姫がトドメを刺そうとした時、またもヒロが命がけでヒロ子を守ります。


f:id:dark-style326:20170811135603j:plain
しかし今回のヒロは何やら様子がおかしい。
姫やシャーウッドの時はとっさに体が動いたという感じでしたが、今回は何か理由があってヒロ子を守ろうとしているかのように見えます。


ヒロがヒロ子を助けてくれるよう姫に頼む中、レイリが現れ、「その子は操られている」と告げます。


f:id:dark-style326:20170811135634j:plain

ヒロ子に付けられていた首輪の鈴には細工が施されており、鈴の音色によって王族を襲うよう暗示をかけられていたのでした。
ヒロ子自身に姫を襲うつもりはなく、ただ操られていただけです。

犯人はもちろんツェペリ
………ではなく、今回は王族の一人。まだ登場していない、姫の身内です。

いかにもツェペリがやりそうなことなので、勘違いしてしまいました(笑)



首輪を外すと、ヒロ子は正気に戻りました。
これにて一件落着……と思いきや、そうはなりませんでした。

真実を知ったヒロ子は、自分が姫を襲ったことにショックを受け、屋敷から姿を消してしまいました。

渡せなかったプレゼント

ヒロ子がいなくなった屋敷で、ヒロは鞄から1つの首輪を取り出します。
ヒロがペットショップで買ったのは、ヒロ子へのプレゼントだったのです。

ヒロは空を見上げながら、ヒロ子が素敵な主人に出会える事を願いました。



怪物王女、どうした!?
前回のシエル回といい、今回のヒロ子回といい、涙を誘う展開が2本続いて、驚いています。


怪物王女は『怪物と人間の共存』をテーマにしているように思えます。
ヒロとさわわが、姫やリザ達との共存に成功していると捉えるなら、シエルやヒロ子は共存出来なかった例と言えます。


やはりヒロにとって悲しい回となりましたね。
シエルと違ってヒロ子は生きていますが、再会する事はなさそうです。

ヒロ子は自分が容れた紅茶を姫に美味しいと言ってもらい、物凄く喜んでいます。姫は姫でヒロ子の事も家来にしても良いと思っていたのでしょう。


f:id:dark-style326:20170811134034j:plain
そんな状況だったのに、実は自分が姫を暗殺するために仕向けられたと知った時のヒロ子の心境………ツラいものがありますね。

そんな事があったため、もう屋敷には居られないと思ったヒロ子。きっとヒロ子はヒロや姫、さわわとの想い出を胸に、別の場所で生きていくのでしょう。

作中で描かれる事はないでしょうが、いつかヒロとヒロ子は再会してもらいたいものです。


【良ゲー】DS ショベルナイト レビュー レトロチックな正統派アクション

3DSソフト『ショベルナイト』をクリアしたのでレビューします。

近年珍しいドット絵と、マリオシリーズを意識したような操作性・ゲーム性が最高です。

f:id:dark-style326:20170810212924j:plain

f:id:dark-style326:20170810214927j:plain
パッケージ裏面には「ファミコンゲームを彷彿とさせる」と書いてあります。
そのとおり、レトロゲームの2Dアクションを現代技術で再現したようなゲーム性です。

f:id:dark-style326:20170810212940j:plain
紙の説明書はついておらず、電子説明書です。
ここら辺は時代の流れとはいえ、キャラ設定などが書かれた紙の説明書が欲しかった所です。ショベルナイトに限った話ではありませんが。


昔懐かしい、綺麗なドット絵

一昔前はドット絵のゲームが主流でしたが、近年は3Dポリゴンが多いですよね。
ドット絵よりも簡単に作れるからだそうです。
ゲーム制作現場のことは詳しくないですが、3Dポリゴン全盛の今のゲームを見ると信憑性があります。ドット絵は書くのも難しいですし。

f:id:dark-style326:20170810220815j:plain
『ショベルナイト』はキャラや背景がすべてドット絵です。しかも動きが滑らかな上、かなり綺麗。
ゲームボーイアドバンス時代のゲームを遊んでいるような懐かしい気分になります。


マリオのような操作性

f:id:dark-style326:20170810220625j:plain

操作性を一言で言うなら、「ショベルで攻撃できるスーパーマリオ」という印象です。ジャンプして滴を避けるか倒すかのシンプルなアクション。

MPを消費する遠距離攻撃なども使えるようになります。

f:id:dark-style326:20170810220640j:plain

敵キャラの動きもシンプルです。
ザコキャラの動きは至ってシンプルで、たとえ1回目は倒されても、じっくり動きを見れば2回目でまず間違いなく越せます。

ボスキャラはもちろん別格です。瞬間移動する敵や画面を飛び回って爆撃しまくる敵も登場します。
ボスの動きからパターンを読み取るなど、かなり歯ごたえの戦闘ができます。

f:id:dark-style326:20170810220712j:plain

キャラに倒されるのが運ではなく操作の問題だと納得出来るゲーム性。これはまさしくマリオシリーズの特徴です。同時に良作アクションの特徴でもあります。


お金が重要

ショベルナイトではコイン、つまりお金が多く出てきます。敵を倒せばダイヤが出てきますし、グロックを壊しても宝石が出てきます。
ステージの途中にはセーブポイントがあるのですが、なんとそのセーブポイントを破壊してコインを手に入れることが出来ます。
そこかしこで出てくるので、ついついステージ中のコインを集めたくなって寄り道しがちです。

f:id:dark-style326:20170810220735j:plain

また、コインを手に入れる為の魔法があるのも変わった点です。
特殊な魔法で敵キャラを倒せば出現するコインが増えます。

手に入れたコインは鎧の購入資金になるので、集めるメリットもしっかりあります。

記憶に刻まれる個性的な敵キャラ

主要キャラには"ナイト"と付いています。


まず主人公、ショベルナイト。
角が付いたカブトとメタル感溢れる鎧でガッチガチに固めた装備ですが、武器は穴掘りショベル!
個性的過ぎます。そのショベルを剣のように振り回し、切っ先で突き攻撃を繰り出し、時には本当に土を掘り返しながら敵を倒していきます。
スコップ術というショベルを使った白兵戦闘術をイメージさせられます。
(オープニングでは仲間の死をきっかけに隠居し、ショベルで畑を耕していました)

各ステージのボスキャラも個性的です。

f:id:dark-style326:20170810220749j:plain

死神のような風貌で瞬間移動と大鎌による攻撃が特徴のスペクターナイト。

マッドサイエンティストな風貌で、爆薬を使って戦うプレイグナイト。
自身の戦闘力は皆無ながら、発明したロボに乗って戦うマシンナイト。
このほか多数。

行方不明になった、ショベルナイトのかつての盟友はシールドナイトと言います。




キャラ達は性格もちゃんと描写されています。
上記のナイト達はかつてのショベルナイトの仲間です。それが敵側に寝返ったので、戦闘前に会話があります。
その会話は性格設定がしっかり作られており、非常によく出来ています。、
キャラそれぞれが生きているように感じるほどです。


この生きているような感じというのがポイントです。付け焼き刃や一貫性の無いキャラ設定だと作品の世界に入り込めません。

セリフなどのキャラ設定がしっかりしているからこそ、一人ひとり能力が違い、得意な戦法を駆使して挑んでくる戦闘も熱くなるというものです。


『ショベルナイト』レビューまとめ


ドット絵と操作性が魅力です。
ゲーム暦の長い人の中には、ゲームボーイ時代から遊んでいる人もいるかと思います。
かくいう私もその1人です。

『ショベルナイト』はあの頃の感覚を思い出させてくれる魅力があります。
すでに書いたように、ゲームボーイアドバンスのソフトを遊んでいるような感覚です。


f:id:dark-style326:20170810222736j:plain
ドット絵とシンプルな操作性は携帯ゲーム機と相性が良いです。
ステージ途中でつまづいても、何度も再チャレンジしたくなる楽しさがあります。